熊本学園大学経済学会会則

熊本学園大学経済学会会則

(名称)

第1条
本学会は熊本学園大学経済学会と称する。

(事務所)

第2条
本学会の事務所は、熊本学園大学経済学部内に置く。

(目的)

第3条
本学会は、経済学を中心とする学術研究及び普及を目的とする。

(事業)

第4条
本学会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
(1)
機関誌「経済論集」の発行
(2)
研究会の開催
(3)
講演会の開催
(4)
研究資料の収集・整備
(5)
その他学会の目的達成に必要と認める事業

(会員)

第5条
本学会の会員は、次のとおりとする。
(1)
正会員 第3条の趣旨に賛同する本学の専任教員
(2)
賛助会員 本学会の趣旨に賛同し、評議員会の承認を得た者
(3)
学生会員 本学経済学部及び大学苑経済学研究科の在学生
会員は、機関誌の配布を受け、かつ本学会の行う各種の事業に参加することができる。

(評議員会)

第6条
本学会に、評議員会を置く。
評議員会は、正会員によって構成される。
評議員会は、次の事項について審議・議決する。
(1)
年間活動の策定に関する事項
(2)
予算・決算の承認に関する事項
(3)
役員の選出に関する事項
(4)
会則の改正に関する事項
(5)
その他、本学会の運営に関する基本事項

(学会運営委員会)

第7条
第4条に定める事業を遂行するために、次の役員によって構成される学会運営委員会を置く。
(1)
会長 1名
(2)
総務委員 1名
(3)
編集委員 4名
(4)
会計監査委員 2名
会長は、本学会を代表し、会務を総括する。
総務委員は、本学会の会計及び庶務に関する事務を行う。
編集委員は、編集委員会を置き、第4条第1号に関する事業の機関誌「経済論集」の編集・発行・配布に関する業務を行う。
会計監査委員は、本学会の会計に関する事項を監査し、その結果を評議員会に報告する。

(役員の選出及び任期)

第8条
会長及び役員は、すべて評議員中から互選し、その任期は、2ヵ年とする。ただし、再任を妨げない。
前項の会長及び役員の職に支障が生じた場合は、ただちに補うものとする。なお、後任者の任期は、前任者の残任期間とする。

(会費)

第9条
本学会の年会費を次のとおりとする。
(1)
正会員 10,000円
(2)
賛助会員 8,000円
(3)
学生会員 3,000円

(経費)

第10条
本学会の経費は、会費、事業収入及び寄付金をもってあてる。

(会計年度)

第11条
本学会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌3月31日に終わる。

付則
本会則は、平成6(1994)年4月1日より施行する。