「経済論集(熊本学園大学)」の編集及び刊行に関する規定

「経済論集(熊本学園大学)」の編集及び刊行に関する規定

第1条
経済学会(以下、「本学会」という。)は、教員の研究成果の発表を目的として、論集〔経済論集(熊本学園大学)、 英文名Journal of Economics 以下「本誌」という。〕を刊行する。
刊行等の経費には、会費等をもってあてる。
第2条
編集兼発行者は、「熊本学園大学経済学会『経済論集』編集委員会とする。
第3条
編集委員会(以下、「委員会」という。)は、正会員の中から選出された4名の委員により構成され、委員の互選により委員長を決定する。
委員長及び委員の任期は2年とし、再任を妨げない。
委員会は、委員長の下で、本規定の趣旨に従い、必要な判断を下し、また、必要な事務を担当する。
第4条
本誌は原則として年4回刊行する。
必要に応じて特別号を刊行することができる。
第5条
執筆者は、原則として本学会に所属する正会員及び賛助会員とする。ただし、委員会は、学会以外の者に執筆を依頼することができる。
第6条
本誌に掲載する著作は、次の6種に分類する。
(1)
論文
(2)
研究ノート
(3)
研究資料
(4)
判例研究
(5)
翻訳
(6)
特別寄稿及びその他
第7条
投稿原稿は、本誌への掲載の適否を判断するため、審査を行うものとする。
委員長は、委員会の議を経て審査委員を委嘱し、投稿原稿の審査を依頼することができる。
審査委員は、依頼を受けてから2週間以内に、審査報告書を委員会に提出するものとする。
委員会は、審査報告書を踏まえて、投稿原稿の掲載の可否を決定し、また、著者に対し補筆や修正を求めることができる。
第8条
研究調査費等は、別に定める。
第9条
本誌の配布先は、本学会と性格の近い他大学及び研究機関の中から、委員会が選定する。

付則

本規定は、平成6年(1994)年4月1日から施行する。
本規定に関する詳細は、別に定める内規による。
本規定の改廃は、評議員が行う。