経済学科 現代経済専攻

2年次から現代経済専攻

経済の視点で、現代社会の問題を解決する力を養う

現代経済の仕組みを理解しながら政策・都市・環境・成長などの応用分野を学び、理論と実践を通して解決の道筋を立てる力を身につけます。コンピュータを使った情報処理能力を高め、経済データから課題を抽出し、社会の諸問題を解決する力を養います。

履修系統図

4年間の学びの流れ(カリキュラム)は以下の履修系統図を参考にしてください。

  • 必修科目
  • 選択必修科目
  • 自学科開設選択
  • 情報関連科目
  • 他学科開設選択

pick up 授業

演習Ⅲ/小葉ゼミ

演習Ⅲ/小葉ゼミ

統計学と計量経済学の基礎を学び、経済理論から得られる仮説を実際のデータを用いて検証します。Excelなどでデータを加工しながら、分析手法を習得していきます。演習の後半では、データを用いて仮説を検証しその成果を報告。熊本地震後の消費変化をもとに、需給のミスマッチを解消するための研究にも取り組んでいます。

学生主体で学びを進める自由な雰囲気が魅力

青木 友哉

青木 友哉 経済学科3年

熊本県/大津高等学校出身

小葉ゼミでは、Stataという統計ソフトを使ってさまざまなデータ分析を行います。例えば“YouTubeの動画再生回数とCD売り上げ”のような身近な数値をテーマに分析の練習ができるのもこのゼミの魅力。今は“熊本地震前後に見る消費の変動”について学んでいます。将来、自治体への就職が叶った際には震災復興にまつわる部署でいかしたいと思っています。

モデル時間割 (現代経済専攻2年次・春学期)

MON TUE WED THU FRI
1 限 基本経済史 基本経済思想
2 限 経済数学 環境論Ⅰ(自然環境)
3 限 教育学Ⅰ マクロ経済学入門Ⅱ 金融論 ミクロ経済学入門Ⅱ 経済政策Ⅰ
4 限 基本統計Ⅱ 日本経済論 コース演習Ⅰ
(リーガルスキル)
5 限 コース演習Ⅰ
(経済学スキルアップB)

ゼミテーマ一例

ゼミテーマ一例
酒井ゼミ 近現代ヨーロッパ経済史研究
坂上(智)ゼミ ミクロ・マクロ経済学の応用研究
村松ゼミ ヨーロッパの啓蒙思想
奥山ゼミ 日本映画における表現の研究
岡村ゼミ 企業行動および 消費者の選択行動
加藤ゼミ 人工知能・データ分析
小葉ゼミ マクロ経済の理論・実証分析
中敷領ゼミ 日本の経済社会を現実的に 幅広く学ぶ
大山ゼミ 社会現象をゲームで表現する

※ 年度により変更になるゼミもあります。

プラス

専攻×コースの履修でめざす将来が明確に

専攻× コースの履修でめざす将来が明確に

各専攻で専門分野を学びながら、資格取得や就職試験などをサポートする4つのコースを開設しており、めざす将来像にあわせたコースを選ぶことができます。