リーガルエコノミクス学科の学び

法律の知識と経済学の思考をあわせもつ能力は、公的機関や金融業を中心に多くの分野で重視されています。
2年次からの「行政・公共政策」と「市民・ビジネス法」の2つの履修分野や実務家を招いた実学を通して専門性を高めていきます。

リーガルエコノミクス学科

経済学と法学の複眼的思考力を養い
リーガルマインドを持った職業人へ。

学びのキーワード

経済学と法学、2つの観点から物事を捉える

経済学と法学、2つの
観点から物事を捉える

複雑化する現代社会では、公的機関(国・地方自治体)、金融機関、ビジネス分野を中心に経済学・法学の視点や価値観が重視されています。本学科では経済学の専門知識と、それをいかすための法学を学び、さまざまな課題に対応できる複眼的思考を持った職業人の育成をめざします。

実務家を招いた実践的授業で現場を知る

実務家を招いた
実践的授業で現場を知る

さまざまな実務家から直接講義を受けることができるのも本学科の特長です。熊本県警察の全面協力による授業や、裁判官・裁判所書記官による特別講演、自治体に勤務する公務員の講話など、現場の息づかいを感じられる機会を設けています。

公務員に高い合格実績を誇る

公務員に高い合格実績を誇る

本学科は、卒業生の就職先の約2割を公務員が占めているのが特長です。公務員試験に対応した「公務員コース」を選択することもできます。官公庁や警察、消防などに多くの学生が就職しており、2019年度は12名が現役合格。また、公民・社会の教員免許取得が可能です。

リーガルエコノミクス学科の学び

分野×コースで実務・実践を指向し専門性を高める

2年次で行政・公共政策分野と市民・ビジネス法分野のどちらかに進みます。
コース演習では分野をまたいでプラスαの実践力を磨き、総合的思考力を身につけます。

経済学科の学び

元裁判官に学ぶ法文の読み解き方

裁判官を退官した教員から、法令の解釈・適用など、判例や実際の裁判の経験をもとにその論点を噛み砕いて学ぶことができます。法令を扱う公的業務はもちろん、契約といった法の運用に関する知識は実社会で大いに役立ちます。

資格取得等

公民・社会の教員免許取得が可能。経済・情報・法律系の資格取得を奨励。

取得できる免許・資格

  • 高等学校教諭一種免許状(公民)
  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 司書
  • 司書教諭 ほか

取得や受験を支援している資格・検定

  • 法学検定
  • ビジネス実務法務検定
  • 行政書士
  • 宅地建物取引士
  • 経済学検定試験(ERE)
  • ITパスポート

就職実績 (過去3カ年の実績より抜粋)

  • 国家公務員一般職(農林水産省)
  • 熊本県(行政)
  • 熊本県(教育行政)
  • 熊本県(警察行政)
  • 熊本市(事務職)
  • 八代市(事務職)
  • 天草市(事務職)
  • 佐世保市(事務職)
  • 那覇市(行政職)
  • 警視庁
  • 熊本県警察
  • 鹿児島県警察
  • (株)肥後銀行
  • (株)熊本銀行
  • 農林中央金庫
  • 九州労働金庫
  • 熊本第一信用金庫
  • 熊本県信用保証協会
  • (株)日専連ファイナンス
  • ソニー損害保険(株)
  • 富田薬品(株)
  • ブリヂストンタイヤジャパン(株)
  • ANAウイングス(株)
  • 日本郵便(株)(日本郵政グループ)
  • 九州産業交通ホールディングス(株)
  • (株)SYSKEN
  • (株)ヤマックス
  • (株)マイナビ
  • 熊本県赤十字血液センター
  • 熊本県農業共済組合

学びの流れ

一年次 初年次教育、語学教育、情報教育を通して
コミュニケーション力を形成し、幅広い知識を身につける。

  • 法学入門

    法学入門

    法学とはどのような学問なのか、社会にはどのような法があり、どう用いられているのかを学びます。細かく分類され、社会規範として機能している法律に個別に触れながら、その体系や全体像を把握します。

2年次民法、行政法などの基本を学んだ後、各人が選んだ分野において専門的に学ぶ。

  • 刑法

    刑法

    犯罪と刑罰の一般的な原理を考察しつつ、個々の犯罪の成立要件についても考え、刑法の基礎を修得します。理解と関心を深めるため、著名な事件の判例についての研究も行います。

  • 民法Ⅱ・Ⅲ

    民法Ⅱ・Ⅲ

    物権法、債権総論に関する基礎的な理論を学びます。民法が現代的課題にどう対応しているかを判例・学説から探り、その課題に対する特別法の内容についても理解を深めます。

  • 法と経済学

    法と経済学

    会社法と企業行動を、法と経済学の観点から学びます。経営者の行動と企業価値の関係を通して会社法を理解するほか、敵対的買収やMBO(経営陣買収)などの役割を知り、現代ビジネスの特徴を修得します。

3・4年次各分野で専門的な知識やスキルを修得し、
卒業論文を通して独自性ある思考力、総合力、表現力を身につける。

  • インターン実習

    インターン実習

    市役所や県庁、県警をはじめとする官公庁での就業体験を通じて、現実の社会を知り大学での学びへいかす体験型授業です。事前指導では、ビジネスマナーやパソコン操作のスキルも習得します。

吉川ゼミ

ゼミ現役生×教員 〜リーガルエコノミクス学科の学びとは?〜

主体性を持って
法と経済学を深く学べる

リーガルエコノミクス学科3年淀川 真央熊本県/必由館高等学校出身

法ルールがどうあるべきかについて、経済学と法学の両方の視点から学んでいます。例えば熊本で起きた食中毒事件を例に「責任を負うのは誰なのか」を研究するなど、ニュースや身の回りで起こる事例から学ぶので、興味深く、理解も進みやすいです。先生オリジナルのレジュメは論点が明確で、思考を整理したあとに、発言しやすい快適な環境を作ってくださいます。以前より発表も積極的にできるようになり、成長を実感しています。

身につけた知識は
人に教えることで理解に変わる

リーガルエコノミクス学科熊谷 啓希 准教授

「法と経済学」とは、法律を経済学の考え方で分析する学問のことで、法律が人々の行動や社会に与える影響について探求していきます。
このゼミの特徴は、「学んだことを学生がみんなに教える(伝える)」
ようにしていること。説明を工夫したり、質問に備えるために丁寧に調べたりすることで、自身の理解度も格段に上がります。養った“リーガルマインド”を、社会で役立ててください。

カリキュラム

(2020年度入学生適用)

※ このほか、放送大学との単位互換科目や、教職課程に関する科目などがあります。

  • 必修科目
  • 選択必修科目 行政・公共政策分野
  • 選択必修科目 市民・ビジネス法分野
  • 自学科開設選択
  • 他学科開設選択

ゼミテーマ
井上ゼミ ビジネス社会を生き抜くための企業法研究
慶田ゼミ 経済財政白書から学ぶ日本経済
長友ゼミ 社会における「正しさ」および「善さ」について
山口ゼミ 刑法に係る論点、判例の考察
中村ゼミ 地方財政論の基礎の学習と出身市町村の財政分析
飯高ゼミ 情報社会論の古典から読み解く現代情報社会
岩橋ゼミ 行政法・地方自治法に関する判例の研究
甲斐ゼミ 契約法・不法行為法に関する判例研究
金原ゼミ 憲法に関する重要判例を素材とした判例研究
熊谷ゼミ 法学と経済学の結合、『法と経済学』
浪本ゼミ 近年の自由貿易協定の調査や経済法に関する判例研究

※ 年度により変更になる場合があります。

現役生Voice

実社会の仕組みを法と経済学から見る。新たな思考に触れ毎日が新鮮

実社会の仕組みを法と経済学から見る。
新たな思考に触れ毎日が新鮮

運天 祐衣リーガルエコノミクス学科3年
鹿児島県/れいめい高等学校出身

将来は公的機関で働くことが目標なので、公務員試験に関わる専門科目が多く、経済学と法学の両方を学べる本学科を選びました。「法と経済学」では、経済学の考え方に基づいて法の分析を行っています。例えば、契約の解約を制限する法律を「違約金を支払って解約する」場合について分析するなど、今まで考えもつかなかった思考方法に触れることができて新鮮です。

運天さんの2年次 秋学期授業時間割
1 法と経済学Ⅱ 公共政策 経済政策Ⅱ
2 倫理学Ⅱ 財政学 中国語ⅡB
  (1組)
3 哲学Ⅱ 演習Ⅱ 財政学
4 法学特講
(刑事訴訟法)
行政法Ⅱ
5

卒業生Message

公務員の夢を実現。学んだ知識を地元・沖縄のまちづくりにいかしたい

公務員の夢を実現。
学んだ知識を地元・沖縄のまちづくりにいかしたい

就職先:那覇市(行政職)

大城 祐奈 リーガルエコノミクス学科(2020年3月卒業)沖縄県/小禄高等学校出身

公務員の就職実績が高いこと、経済学と法学の両方を学べることを知り本学科へ。オープンキャンパスで感じた大学の雰囲気の良さや、人の温かさも決め手になりました。授業やゼミでの学びに加え、3年次に携わった熊本市の水前寺公園の地域活性化プロジェクトを通して、「まちづくり」に興味を持つように。それから、住民の方と近い位置でまちづくりに携わりたいと考えるようになり、地元・那覇市役所を志望しました。公務員試験に苦手意識を持たずに取り組めたのは、本学科での学びのおかげです。4年間、沖縄を離れ見えてきた故郷の魅力を、これからのまちづくりにいかしていきたいです。