経済学部について

明日の社会を見据え、経済問題を解決できる人材へ。

経済学部では、経済の仕組みを理解し、そこで得た専門知識をもとに、地域・国際・情報・法律などに学びの領域を広げていきます。また、コース演習や学外研修、国際インターンシップ、実務家による講義などを通じて、社会でいきる総合力の獲得を図ります。
4年間の学びを通して、「私たちの暮らし=経済」を理解し、人々が幸せになるにはどうすればよいかを考えます。その中で自分にふさわしい仕事を発見するとともに、柔軟な対応力をもつ人材を育成します。

キーワード
アドミッション・ポリシー

こんな人を待っています アドミッション・ポリシー

  • 経済学部での学修に必要な基礎的知識・技能を十分に備えている人
  • 経済学部での学修に必要な思考力・判断力・表現力などの能力を備えている人
  • 主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度を備えている人
  • 地域・グローバル経済のさまざまな現代的課題に興味があり、それらの課題を分析し、解明する意欲のある人
  • 人々の暮らしや企業・政府の活動に深く関連する経済と法律に関心をもつ人
求める将来像・進路への挑戦を支援するコース制

求める将来像・進路への挑戦を支援するコース制

経済学部では、めざす進路への専門性を高めるため、学科横断型のコース、「公務員」「グローバル人材」「金融実務」「経済分析」「法律専門職」を設け、学びの領域を広げていきます。コースは、目標に応じて途中で変更することもでき、現代社会で「いきる」総合力の獲得を図ります。

経済学科は専門性を高める3専攻制を採用

経済学科は専門性を高める3専攻制を採用

経済学科では、グローバル化のもとで変貌していく経済社会のしくみを理解し、多様化が進む社会で生き抜ける人材の育成をめざし3専攻制を取り入れています。1年次に経済学の基礎を学び、2年次からは個々の関心に合わせて「現代経済」「国際経済」「地域経済」専攻に進み、専門性を高めます。

リーガルマインドをもったエキスパートを育成

リーガルマインドをもったエキスパートを育成

リーガルエコノミクス学科では、経済学と法学の複眼的思考能力を持った人材の育成をめざしています。経済学の理論や政策・分析方法を学びつつ、法に関する基礎理論と知識を身につけるための実践的な教育を行います。また、学外研修や実務家による講義などを通して、柔軟な対応力を育みます。

将来像

経済学は、需要と供給、利潤と費用など相反する2つの側面を同時に分析し、両者とも最大の利益をもたらすバランスを求めています。
4年間の学びから、バランスの取れた思考能力が自然と身につきます。柔軟で総合的な思考能力は、公共性をもつ仕事はもちろん、金融、商社などさまざまな仕事に必要な要素です。経済学部卒業生が社会から高く評価される理由もこの点にあります。

学修成果の可視化システムを導入

学修成果の可視化システムを導入
学修成果の可視化システムを導入

個人の学修成果が、学部・学科の定めるディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)にどの程度達成しているのかを、チャートで可視化するシステムを2019年度から新たに導入。学生自身で現在までの成果や弱点を把握することができ、効率よく学修計画を立てることができます。また、就職活動時に必要とされる自己分析や自己PRにも役立ちます。

「経済分析コース」を経済学科に新設

「経済分析コース」を経済学科に新設

現代社会を正しく捉え、国や地域が抱える問題の解決法を導き出すには、高度な経済理論に基づく知識と的確なデータ分析の両方が不可欠です。そこで、ミクロ経済学・マクロ経済学をベースに経済学の各分野における膨大なデータを分析し、理解する方法を学修するコースを新設します。

公務員の現役合格者多数

2018年度は国家公務員をはじめ、県庁・市役所、警察官に31名が現役合格。特に熊本県警への合格者は13名で、本学からの合格者のうち86%を経済学部の学生が占めています。